栄設備株式会社

【京都・お風呂リフォーム】ユニットバスのサイズは?浴槽サイズの選び方や失敗例 | ソルリフォーム

お問い合わせはこちら

【京都・お風呂リフォーム】ユニットバスのサイズは?浴槽サイズの選び方や失敗例

【京都】お風呂リフォームをお考えの方必見!ユニットバスのサイズ・浴槽サイズの選び方・よくある失敗例

快適な住まいを実現するために、お風呂リフォームを検討している方もいらっしゃるでしょう。その際に頭を悩ませるのが「サイズ」ではないでしょうか?

「広々とした浴槽にゆっくり浸かりたいけれど、スペースが限られている…」

「家族構成に合った最適なサイズが知りたい!」

このような悩みをお持ちの方へ、こちらではユニットバスのサイズ、浴槽サイズの選び方、よくある失敗例をご紹介します。京都でお風呂リフォームをお考えの方は、ソルリフォームにご相談ください。

【サイズ別解説】あなたに最適なユニットバスは?

あなたに最適なユニットバスは

0.75坪:コンパクト空間を有効活用

0.75坪は、単身者向けのマンションやアパートに多いコンパクトなサイズです。身長によっては足を曲げて入浴する必要があるため、窮屈に感じる可能性があります。

0.75坪のユニットバスを選ぶ際は、以下の点に注意して、コンパクトながらも快適なバスルームを実現しましょう。

  • 明るい色の壁や天井を選ぶ
  • 大きな鏡を設置する
  • 収納棚を効果的に配置する

限られた空間を最大限に活用することで、狭さを感じさせない快適なバスルームを作ることができます。

1坪:標準サイズで快適なバスタイムを

1坪サイズは、一般的に最も多いとされるユニットバスの広さです。マンションなどの集合住宅で多く採用されており、戸建て住宅でも標準的な広さといえるでしょう。1坪の浴室に設置できるユニットバスの代表的なサイズは、1616サイズです。1616サイズは、浴槽の長さが約160cmと、成人男性でも足を伸ばしてゆったりと入浴できます。また、洗い場も十分な広さがあるため、快適にバスタイムを過ごせるでしょう。

1.25坪:ゆとりあるリラックスタイムを

1.25坪のユニットバスは、一般的に「1620サイズ」や「1621サイズ」と呼ばれるサイズです。ゆったりとしたバスタイムを楽しみたい方や、浴室にゆとりを持たせたい方におすすめです。足を伸ばしてくつろいだり、親子で一緒に入浴したりすることもできます。

洗い場も広々としているため、浴槽と洗い場の間に十分なスペースを確保できます。

1.5坪以上:広々としたラグジュアリーな浴室

1.5坪以上あれば、一般的なお風呂に比べ、大変ゆったりとした印象を受けるサイズで、浴槽も洗い場も広々としたラグジュアリーな浴室を作ることができます。広いカウンターなども置けるため、浴室内の設備の選択肢も充実しています。

子ども2~3人と一緒に入りたい場合やラグジュアリーな雰囲気のお風呂にしたい場合におすすめです。ただし、広すぎるあまり掃除の手間や水道代がかかる点に注意しましょう。

浴槽サイズの選び方

浴槽サイズの選び方

身長や家族構成に合わせたサイズ選び

家族構成や人数は、浴槽のサイズ選びの重要なポイントです。例えば身長160cmなら横幅100cm~130cm、身長180cmなら横幅140cm~160cmのサイズがおすすめです。

また、親子で入浴したいとお考えであれば、横幅160cm~180cmのサイズを選びましょう。この広さであれば、窮屈に感じることなく、ゆったりと入浴できます。

浴槽の形状

浴槽の形もサイズ選びと同じくらい重要な要素です。代表的な浴槽の形状には、以下のようなものがあります。

ラウンド型

曲線的なフォルムで、ゆったりとくつろげます。洗練された印象があり、多くのユニットバスで採用されています。

スクエア型

シャープなシルエットのため、都会的な雰囲気にしたい方におすすめです。

ワイド型

一般的な浴槽よりも横幅が広く、広々と余裕を持って入浴したいとき、親子で一緒に入浴したいときにおすすめです。

家族構成や浴室の広さ、求める雰囲気に合わせて選びましょう。

浴槽内部の形状

浴槽内部の形状も、快適なバスタイムには重要な要素です。

ストレート型

浴槽内に段差がないタイプで、肩までしっかりと浸かれます。

ベンチ型

腰掛けるベンチ部分がついたタイプです。ベンチに座れば半身浴が、反対側に座れば全身浴が楽しめます。小さいお子さまと一緒に入浴するときにも向いています。

お風呂リフォームでよくある失敗例

サイズ選びの失敗

せっかくお風呂をリフォームするなら、快適な空間にしたいものです。しかし、リフォーム後の浴室が狭すぎたり、広すぎたりする失敗例は少なくありません。浴室の広さは、浴槽のサイズだけでなく、洗い場や収納スペースも考慮して決めることが重要です。

失敗例 対処法
浴槽が狭くて足を伸ばして入れない 事前にショールームで実際のサイズ感を体験する
洗い場が狭くて動きづらい 現在の浴室の広さとの比較や、家族構成に合わせた広さを検討する
収納スペースがなくてシャンプーボトルなどが置けない 収納棚の設置場所や数を事前に検討する

浴室は毎日使う空間だからこそ、後悔のないよう慎重に進めることが大切です。

機能性重視で予算オーバー

せっかくお風呂リフォームするなら、最新の設備を導入したいと考える方も多いでしょう。しかし、ジェットバスや浴室乾燥機などの機能を追加すると、その分費用がかさみます。事前に予算の上限を決め、機能の優先順位をつけておきましょう。

機能によって費用は大きく異なるため、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。

収納不足で使いづらい浴室に

リフォーム後の使い勝手を考慮せずにリフォームプランを決めてしまうと、収納不足で使いづらい浴室になってしまう可能性があります。

失敗例 対策例
シャンプーボトルを床置きしてしまい、掃除が大変 棚や収納ニッチを設ける
バスタオルを置く場所がなく、不便 タオルハンガーを設置する、または収納棚にバスタオルを収納できるスペースを確保する

お風呂リフォームの際には、収納スペースをしっかりと確保することが大切です。事前に収納したいもののサイズや量を把握しておきましょう。

お客様の夢を叶える快適な浴室作りをソルリフォームが全力でサポート

京都でお風呂リフォームをお考えの方は、ソルリフォームにご相談ください。「家族が増えたから広い浴槽にしたい」「ゆったりと足を伸ばせるサイズがいい」「掃除のしやすいコンパクトなものがいい」など、お客様によって理想の浴室のイメージは様々です。ソルリフォームでは、お客様のご要望やライフスタイル、家族構成などを丁寧にヒアリングし、最適なサイズ選びをサポートいたします。

また、リラクゼーションを重視したい方には、ジェットバスや広々とした浴槽などといった要素を取り入れ、日々の疲れを癒す空間を、機能性を重視する方には滑りにくい床材の選定、手すりの設置など安全かつ効率的な使用を考慮した設計を提案します。

ソルリフォームは中間業者を挟まずに自社施工を行っており、コストを抑えつつ高品質なサービスを提供します。お客様からのフィードバックを直接受け取り、それにもとづいて柔軟に対応できます。施工中は透明性とコミュニケーションを重視し、お客様にご安心いただけるよう努めております。予算管理、工事スケジュール、材料の選定など、プロジェクトのすべての側面でお客様と密に連携を取りながら、納得のいくリフォームを実現いたします。

お客様のニーズに合わせた最適なプランニングを行い、理想的な癒しの空間を創り出しますので、お風呂リフォームについてお悩みの方は、ぜひソルリフォームにご相談ください。

【京都】お風呂のリフォームはソルリフォーム

会社名 栄設備株式会社
サービス名 ソルリフォーム
住所 〒617-0833 京都府長岡京市神足七ノ坪32-8
TEL 075-632-9082
営業時間 9:00 ~ 19:00
定休日 不定休
URL https://solreform.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。