栄設備株式会社

【京都】トイレリフォーム!タンクレストイレとは?メリット・デメリット | ソルリフォーム

お問い合わせはこちら

【京都】トイレリフォーム!タンクレストイレとは?メリット・デメリット

【京都】トイレリフォーム!タンクレストイレの仕組みは?メリット・デメリットもご紹介

一口にトイレのリフォームといっても、便器の交換のみを行うのか、床や壁紙の張り替えも一緒に行うのかなど、様々な選択肢があり、何から手をつければよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

近年人気が高まっている「タンクレストイレ」は、従来のトイレとは異なる点も多く、導入を検討する際には、メリット・デメリットを事前に理解しておくことが重要です。

こちらでは、タンクレスの仕組み、タンクレストイレのメリット・デメリットをご紹介します。京都でトイレリフォームを検討している方は、ソルリフォームをご利用ください。

タンクレストイレとは?仕組みと従来型との違いを解説

タンクレストイレとは

タンク式トイレとの違い

タンク式トイレとタンクレストイレの一番の違いは、その名のとおり「タンクの有無」です。タンク式トイレは便器後方に水を溜めておくタンクがありますが、タンクレストイレにはありません。代わりに、便器の下部に設置された貯水タンクから、直接水を流す仕組みを採用しています。この貯水タンクは、便器の形状に合わせたコンパクトな設計となっており、従来のタンク式トイレと比べて、トイレ空間を広く使えるというメリットがあります。

タンクレストイレの仕組み:水道圧を直接利用

タンクレストイレは、水を溜めておくタンクがありません。それでは、どのようにして水を流しているのでしょうか?

タンクレストイレは、水道から供給される水圧を直接利用して水を流す仕組みになっています。従来型のタンク式トイレのように、一度タンクに水を溜める必要がないため、水道管から便器内部に直接給水されます。そのため、タンク式トイレと比較して、コンパクトな設計が可能なだけでなく、節水にもつながるというメリットがあります。

トイレリフォームでタンクレスを選ぶメリット・デメリット

トイレリフォームでタンクレスを選ぶメリット・デメリット

タンクレストイレのメリット

スタイリッシュなデザインでトイレ空間が広く使える

タンクレストイレは、従来型のタンク式トイレに比べて、そのスタイリッシュなデザインが魅力の一つです。スッキリとしたフォルムは、トイレ空間を広く見せる効果も期待できます。限られたスペースのトイレでも、圧迫感を感じにくく、快適な空間を実現できます。

スペースが広くなった分、トイレ周りの収納スペースを確保したり、インテリアを自由に配置したりと、より快適なトイレ空間を実現できるでしょう。

水道代金が安くなる!節水効果

タンクレストイレは、従来型のトイレに比べて節水効果が高いことが大きなメリットです。従来型のトイレでは1回の洗浄に約13リットルの水を使用していましたが、タンクレストイレでは約4~6リットルと、半分以下の水量で洗浄できます。

この節水効果により、水道料金を大幅に削減することができます。

サッとひと拭き!掃除のしやすさ

タンクレストイレは、従来型のタンク式トイレに比べて、凹凸が少ないシンプルな形状であるため、汚れが溜まりにくく、掃除がしやすいというメリットがあります。

タンク式トイレの場合、タンクと便器の隙間など、汚れが溜まりやすい箇所が多く、掃除に手間がかかっていました。一方、タンクレストイレは、タンクがない分、サッとひと拭きするだけで掃除が完了するため、日々の負担を軽減できます。

連続で水を流せる!タンクに水が溜まるのを待つ必要がない

タンク式トイレの場合、一度水を流すとタンクに水が溜まるまで数秒~数十秒待つ必要があります。小さなお子様がいるご家庭など、短い間隔でトイレを使う場合に不便を感じる方もいるのではないでしょうか?

タンクレストイレなら、水道水を直接利用して流すため、タンク式トイレのように水を溜める必要がありません。そのため、連続して水を流すことができ、ストレスフリーです。

タンクレストイレのデメリット

交換・設置費用が高い

タンクレストイレは、従来型のタンク式トイレと比べて初期費用が高額になる傾向があります。これは、タンクレストイレ自体が高機能であることや、設置工事の際に専用の部材や技術が必要となるためです。

リフォームをする場合、本体の金額や工事費用は様々ですが、少なくとも数十万円はかかります。タンクレストイレの導入を検討する際には、初期費用だけでなく、ランニングコストも含めた総合的な費用対効果を考慮することが重要です。

水圧不足で設置できない場合がある

タンクレストイレは、水道管の水圧を利用して水を流す仕組みのため、水圧が低い場合には設置できないことがあります。

一般的に、戸建て住宅よりも集合住宅の方が水圧が低くなる傾向があります。

特に、マンションの高層階に住んでいる場合は、水圧不足に注意が必要です。水圧が低い場合には、タンク式トイレを選ぶか、水圧不足に対応した「低水圧用」「マンション用」のタンクレストイレを選びましょう。

停電時に困ることがある

タンクレストイレは、水道水の圧力を利用して水を流すため、停電時には使用できなくなる可能性があります。

最近のタンクレストイレの中には、停電時でも一定回数は洗浄できる機能が搭載されているものもありますが、停電が長時間に及ぶ場合は注意が必要です。特に、マンションなど高層階にお住まいの場合は、水圧が不安定になりやすいため、停電時のトイレ使用について事前に確認しておきましょう。

手洗場が別で必要

タンクレストイレは、従来型のタンク式トイレと異なり、水洗用のタンクがないため、トイレ本体に手洗器が付属していません。そのため、手洗器は別途、トイレ空間内に設置する必要があります。手洗場は、トイレ空間の広さやデザインに合わせて、様々なタイプから選ぶことができます。

手洗場を設置するとなると、スペースやデザイン、機能性など、様々な選択肢が出てくるため、トイレリフォームの際にしっかりと検討しましょう。

確かな技術と豊富な経験を持つ職人が、丁寧な施工で快適なトイレ空間を実現!

タンクレストイレは、名前のとおりタンクがないデザインで、省スペースかつスタイリッシュな外観が特徴です。また、タンクがない分掃除がしやすく、トイレ全体の見栄えが向上します。さらに、節水効果も見逃せません。従来のタンク付きトイレに比べて、タンクレストイレは1回の洗浄で使用する水量が少なく、長い目で見れば水道料金の削減に繋がります。例えば、毎回の使用で数リットルの節水が可能となり、年間では相当な量の節水が期待できます。

トイレのリフォームを検討中で、特にタンクレストイレへの交換に関心があるなら、ぜひソルリフォームにご相談ください。長岡京市を中心とした京都府下で、様々な施工を自社で対応しているのがソルリフォームの強みです。リフォームを単なる工事ではなく、お客様の暮らしを豊かにするための手段と考えています。そのため、施工前にはお客様のご要望をじっくりとお伺いし、予算に合わせた最適なリフォームプランをご提案いたします。施工中は、お客様に工事の進捗状況を定期的にご報告し、安心してリフォームをお任せいただける環境を整えております。施工後も、定期的なメンテナンスやアフターフォローを行うことで、リフォームの効果を長く実感していただけるよう努めております。トイレのリフォームを検討中の方は、ぜひソルリフォームにご相談ください。

【京都】トイレリフォームをお考えならソルリフォーム

会社名 栄設備株式会社
サービス名 ソルリフォーム
住所 〒617-0833 京都府長岡京市神足七ノ坪32-8
TEL 075-632-9082
営業時間 9:00 ~ 19:00
定休日 不定休
URL https://solreform.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。