栄設備株式会社

【京都】外壁塗装工事で助成金・補助金を活用しよう!申請の流れや注意点 | ソルリフォーム

お問い合わせはこちら

【京都】外壁塗装工事で助成金・補助金を活用しよう!申請の流れや注意点

【京都】外壁塗装工事で助成金・補助金を活用するメリット・デメリット!申請の流れや注意点

外壁塗装の費用は、決して安いとはいえません。しかし、条件を満たせば外壁塗装工事の際に助成金や補助金を受けられる可能性があります。外壁塗装の助成金・補助金制度とは、自治体や国が、住宅の改修工事にかかる費用の一部を助成・補助してくれる制度です。この制度を利用することで、自己負担額を抑えながら、外壁塗装を行うことができます。

こちらでは、外壁塗装工事で助成金・補助金制度を活用するメリット・デメリット、申請方法と流れ、助成金・補助金を受ける際の注意点をご紹介します。京都で外壁塗装工事を依頼しようとお考えの方は、ソルリフォームにご相談ください。

助成金・補助金制度を利用するメリット・デメリット

助成金・補助金制度を利用するメリット・デメリット

メリット:費用負担が軽減

外壁塗装工事で助成金・補助金制度を利用する最大のメリットは、費用負担を軽減できることです。外壁塗装の費用は、建物の規模や使用する塗料の種類によって異なりますが、一般的な戸建て住宅の場合、数十万円から百万円を超える場合も少なくありません。助成金・補助金制度を利用することで、工事費用の一部を賄うことができ、自己負担額を抑えることが可能です。

助成金・補助金制度によって、補助額や補助率は異なります。申請条件や手続きなども制度ごとに異なるため、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

デメリット:申請の手間、条件が厳しい場合がある

助成金・補助金制度の利用には、いくつかのデメリットがあります。まず、申請の手間がかかるという点です。制度によっては、多くの書類を準備する必要があり、場合によっては専門業者への依頼が必要となるケースもあります。

また、助成金・補助金制度には、それぞれ受給するための条件が定められています。例えば、建物の築年数や省エネ性能、使用する塗料の種類などが条件に含まれる場合があり、これらの条件を満たしていない場合は、助成金・補助金の対象外となってしまう可能性があります。

助成金・補助金の申請方法と流れ

1.国や自治体の制度を調べる

助成金・補助金制度は、国や自治体によって内容が異なります。

まずは、お住まいの地域で利用できる制度があるかどうか、役所のホームページや窓口で確認しましょう。複数の制度がある場合、それぞれの条件や金額、申請方法などを比較検討し、自分に合った制度を選びましょう。

自治体の窓口では、担当者から制度の詳細な説明を受けられる場合もあります。疑問点があれば、積極的に質問しましょう。

2.申請書類を準備する

助成金・補助金の申請には、申請書類を提出する必要があります。必要な書類は自治体や制度によって異なりますが、一般的には以下のものが求められます。

  • 交付申請書:氏名、住所、工事内容などを記入
  • 工事見積書:塗装業者から提出される費用の内訳が記載された書類
  • 現況写真:現状の外壁の状態がわかる写真
  • 敷地図:自宅周辺の地図

申請書類は、自治体の窓口やホームページから入手できる場合が多いです。

3.工事前に申請する

助成金や補助金の多くは、工事着工前に申請する必要があります。不正な申請を防ぐため、工事完了後の申請は認められない場合が多いです。申請から交付決定までに時間がかかる場合があるため、余裕を持った申請を心がけましょう。

交付決定前に工事着工してしまうと、助成金や補助金の対象外となってしまう可能性があります。必ず、工事前に申請を済ませ、交付決定通知を受け取ってから工事着工するようにしましょう。

4.工事完了後に報告書を提出する

外壁塗装工事が完了したら、申請していた自治体に完了報告書を提出する必要があります。提出が遅れると助成金・補助金が受け取れない場合があるため注意が必要です。

報告書には、以下のような書類が必要になるケースが多いです。

  • 領収書:工事費用が記載されたもの
  • 請求書:工事内容と費用が明記されたもの
  • 工事の内訳書:どのような工事内容で費用が発生したかを示す書類
  • 工事前・工事中・工事後の写真:工事内容を証明するもの

提出書類は自治体や制度によって異なるため、事前に確認しておきましょう。また、業者によっては書類作成のサポートをしてくれる場合もあるため、確認しておくとよいでしょう。

5.助成金・補助金の交付を受ける

交付決定が下りれば、指定口座に助成金・補助金が振り込まれます。受け取りまでの期間は、約1~2ヶ月後です。受け取りまでに時間がかかる場合もあるため、余裕を持って申請手続きを進めるようにしましょう。

また、助成金・補助金は、申請が承認された場合にのみ受け取ることができます。申請書類に不備があったり、必要な書類が不足していたりすると、申請が却下されてしまう可能性があります。申請前に、しっかりと内容を確認し、漏れがないように注意しましょう。

外壁塗装の助成金・補助金を受ける際の注意点

外壁塗装の助成金・補助金を受ける際の注意点

申請期間と条件を確認

助成金・補助金制度は、多くの場合、先着順で受付や予算の上限が設定されています。そのため、外壁塗装工事を検討しはじめたら、できるだけ早く申請可能な制度があるかどうか、申請期間を確認しましょう。

また、助成金・補助金制度には、以下のような様々な条件が設けられている場合があります。

  • 住宅の築年数
  • 所有者の居住の有無
  • 施工業者の要件
  • 使用する塗料の性能
  • 工事費用の要件

など

これらの条件を満たしていない場合は、助成金・補助金の対象外となる可能性があるため、事前に確認しておきましょう。

必要書類を漏れなく準備

助成金・補助金の申請には、自治体や制度によって異なる様々な書類の提出が必要です。提出が必須となる一般的な書類は以下の点が挙げられます。

書類名 内容 備考
申請書 所定の申請書 自治体の窓口でもらう、もしくはホームページからダウンロード
住民票 申請者の住所、氏名などを証明する書類 発行から3ヶ月以内のもの
外壁塗装業者との契約書 工事内容、費用などが記載された契約書 契約前に助成金制度の適用について業者に必ず確認すること
住宅の平面図・見取り図 住宅の構造を示す図面
施工前の写真 工事前の住宅の状態がわかる写真
使用する塗料の性能を証明するカタログ等 助成金の対象となる塗料を使用していることを証明する書類
納税証明書 納税状況を確認する書類

これらの書類に加えて、収入証明書や確定申告書の控えなどが必要となる場合もあるため、申請前に必ず確認しておきましょう。

業者選びも重要

助成金や補助金を受けるためには、適切な工事内容と実績が求められます。そのため、業者選びは慎重に行う必要があります。

助成金・補助金制度の知識

制度に精通し、適切なアドバイスやサポートをしてくれる業者を選びましょう。

施工実績

助成金・補助金制度を利用した施工実績が豊富な業者であれば、申請手続きもスムーズに進みます。

見積もりの内訳

見積もりの内訳を明確に提示してくれる業者を選び、不明点があれば必ず確認しましょう。

これらのポイントを踏まえ、信頼できる業者を選びましょう。

京都で外壁塗装工事をお考えなら経験豊富なソルリフォームへ

長年住み慣れた家は、風雨や紫外線によって徐々に劣化していきます。外壁の塗装が剥がれたり、ひび割れたりしていると、雨漏りなどの原因となるだけでなく、建物の美観も損なわれてしまいます。

ソルリフォームは、長岡京市を中心に京都府全域で外壁塗装工事を手がける専門店です。外壁塗装の専門知識を持つスタッフが、お客様のお住まいの状態を丁寧に診断し、最適な塗料や施工方法をご提案いたします。色彩豊かな塗料を取り揃えており、お客様の好みや住宅のスタイルに合わせたカラーリングが可能です。熟練した職人が、下地処理から最終仕上げまで細部にわたって丁寧な作業を行うのはもちろん、作業の進行状況や予算の使用状況を定期的に報告し、お客様に安心していただけるよう努めております。

豊富な経験と確かな技術力で、お客様のご希望に沿った最適な外壁塗装をご提案いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

外壁塗装で助成金活用!京都のソルリフォーム

会社名 栄設備株式会社
サービス名 ソルリフォーム
住所 〒617-0833 京都府長岡京市神足七ノ坪32-8
TEL 075-632-9082
営業時間 9:00 ~ 19:00
定休日 不定休
URL https://solreform.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。