栄設備株式会社

【京都】キッチン・浴室リフォームでよくある失敗例と対策!費用を抑えるコツ | ソルリフォーム

お問い合わせはこちら

【京都】キッチン・浴室リフォームでよくある失敗例と対策!費用を抑えるコツ

【京都】キッチン・浴室リフォームでよくある失敗例と対策とは?費用を抑えるコツもご紹介

毎日使う場所だからこそ、リフォームして快適にしたいキッチンや浴室。しかし、いざリフォームを終えてみると「使いにくい」「こんなはずじゃなかった」といった失敗談も後を絶ちません。このような失敗は、事前にしっかりと対策をしておくことで防ぐことができます。

こちらでは、キッチン・浴室リフォームでよくある失敗例と対策、費用を抑えるコツをご紹介します。京都でリフォームをお考えの方は、ソルリフォームにご相談ください。

【キッチン編】リフォームで後悔しがちな失敗例と対策

リフォームで後悔しがちな失敗例と対策

収納不足で作業スペースが狭くなる問題

せっかく広々としたキッチンにリフォームしても、収納スペースが不足すると作業スペースが狭くなってしまうことがあります。

失敗例 対策例
壁面収納が少ない 収納力のあるカップボードやパントリーを設置する
収納の奥行きが深すぎて取り出しにくい スライド式や可動棚など、奥まで有効活用できる収納を選ぶ
収納の位置が使いにくい 使用頻度や動線を考慮して、収納の場所や高さを決める

事前に収納する物の量やサイズ、使用頻度などを把握し、適切な収納プランを立てることが大切です。

動線を無視した配置で動きづらくなってしまう問題

キッチンは冷蔵庫から食材を取り出し、シンクで洗い、調理して盛り付けるという一連の動作をスムーズに行えるかが重要です。

リフォーム前に、しっかりと動線をシミュレーションしておかないと、「冷蔵庫とシンクの距離が遠くて不便」「調理スペースが狭くて作業しづらい」といった後悔に繋がります。

快適な動線を確保するために、「ワークトライアングル」という考え方を取り入れてみましょう。

  • ワークトライアングル:冷蔵庫・シンク・コンロを頂点とした三角形の作業動線をイメージ
  • 理想的な距離:3辺の合計が360cm~600cmの範囲内

ワークトライアングルを意識することで、作業効率がアップし、快適なキッチンを実現できます。

掃除のしやすさを考えていなかった問題

せっかく新しいキッチンにしたのに、使い始めてから掃除のしにくさに気がつくケースもあります。油汚れが溜まりやすいコンロ周りの素材選びや、換気扇の掃除のしやすさなど、事前にしっかりと検討しておくことが大切です。

コンロ周り

油ハネがしやすいコンロ周りは、ツルツルとした素材を選び、継ぎ目を少なくすることで、汚れをサッと拭き取ることができます。

換気扇

複雑な形状の換気扇は掃除がしにくいため、シンプルな構造でフィルター交換が簡単なタイプを選ぶとよいでしょう。

収納

収納内部まで汚れが溜まりにくいよう、棚板の素材や可動式の収納などを検討しましょう。

毎日使う場所だからこそ、掃除のしやすさは重要なポイントです。

【浴室編】リフォームで後悔しがちな失敗例と対策

断熱不足で冬場の寒さに震える問題

せっかく浴室をリフォームしたのに、冬場になると寒くてゆっくりくつろげない…なんてことになったら悲しいでしょう。浴室の断熱対策が不十分だと、せっかく温めたお湯もすぐに冷めてしまい、光熱費が高くなってしまう可能性も。最悪の場合、急激な温度変化によってヒートショックのリスクも高まります。

浴室の断熱性を高めるためには、以下のような方法が考えられます。

  • 断熱材を施工する
  • 内窓(二重窓)を設置する
  • 断熱性能の高い窓ガラスに交換する
  • 浴室暖房の設置

快適なバスタイムを楽しむためにも、浴室の断熱対策はしっかりと行いましょう。

滑りやすい床材を選んでヒヤリとする問題

浴室のリフォームでは、デザイン性だけでなく、安全性にも配慮することが大切です。特に、床材選びは重要です。滑りにくさを考慮せずに床材を選んでしまうと、転倒のリスクが高まり大変危険です。快適で安全な浴室にするために、滑りにくい床材を選びましょう。

浴室の床材を選ぶ際には、見た目だけでなく、安全性にも配慮することが重要です。

収納が少なくてシャンプーボトルがあふれる問題

せっかく浴室をリフォームしたのに、シャンプーやコンディショナー、ボディソープなどのボトル類が収まりきらず、浴槽の縁に並べて置いていませんか?

浴室は入浴に必要なアイテムだけでなく、掃除用具なども置く必要があるため、収納スペースが不足しがちです。リフォーム前に収納計画を立てておかないと、使い勝手が悪く、見た目もスッキリしない浴室になってしまいます。

事前に収納する物や量を把握し、使いやすい収納方法を検討しましょう。

キッチン・浴室リフォームで費用を抑えるコツ

キッチン・浴室リフォームで費用を抑えるコツ

複数社から相見積もりをとって比較する

キッチンや浴室のリフォームにかかる費用は、業者によって大きく異なる場合があります。そのため、複数の業者から相見積もりをとって比較することが重要です。相見積もりとは、同じ工事内容で見積もりを複数の業者に依頼することです。

相見積もりを比較することで、費用の内訳や工事内容、保証内容などを詳しく知ることができます。また、悪徳業者を避けることにもつながります。

閑散期を狙ってリフォームする

リフォーム費用を抑えるには、閑散期に工事を行うのがおすすめです。一般的にリフォーム業界の繁忙期と閑散期は、以下のようになっています。

繁忙期

  • 2~4月:新生活を迎える時期
  • 9~11月:年末が近づくにつれ「かけこみ需要」が増える時期

閑散期

  • 5月~8月:梅雨や台風がくる季節でもあり、天気が崩れがちな時期
  • 12月~1月:クリスマスやお正月などのイベント後で仕事が落ち着く時期

年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休前後は、依頼が集中するため費用が高くなる傾向があります。一方、閑散期であれば、比較的安価にリフォームできる可能性があります。ただし、業者によっては閑散期だからといって、必ずしも費用が安くなるとは限らない場合もあるため注意が必要です。

補助金・助成金制度を活用する

キッチン・浴室リフォームにかかる費用を抑える方法として、補助金・助成金制度の活用があります。自治体によっては、省エネ性や耐震性が高いリフォームに対して補助金を出している場合があります。例えば、以下のようなリフォームが補助金の対象となる可能性があります。

  • 省エネ効果の高い設備の導入:給湯器の交換や窓の断熱改修など
  • 耐震性向上のための改修:耐震壁の設置や基礎の補強など

補助金・助成金制度は、条件や申請手続きが複雑な場合もあるため、事前に確認が必要です。リフォーム業者に相談するのもよいでしょう。

理想の住まいづくりをソルリフォームが全力でサポート!

ソルリフォームは、京都で皆様の快適な住まいづくりを支えております。長岡京市を中心に京都府下で、数多くのリフォームを手がけてきました。自社施工にこだわり、確かな技術と豊富な経験で、様々なご要望にお応えします。

長年京都でリフォーム工事に携わってきた経験から、お客様の不安を解消し、理想のリフォームを実現するためのアドバイスが可能です。キッチンや浴室は、毎日使う大切な空間です。そこをリフォームするには、適切な費用の見積もりと、確かな技術を持った施工業者選びが欠かせません。

ソルリフォームでは、お客様のご要望とご予算に合わせて、最適なリフォームプランをご提案いたします。お客様とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築きながら、理想のリフォームを実現するためのサポートをいたします。京都でキッチンや浴室のリフォームをお考えの方は、ぜひソルリフォームにご相談ください。

リフォームの費用を相談するなら京都のソルリフォーム

会社名 栄設備株式会社
サービス名 ソルリフォーム
住所 〒617-0833 京都府長岡京市神足七ノ坪32-8
TEL 075-632-9082
営業時間 9:00 ~ 19:00
定休日 不定休
URL https://solreform.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。